なら記紀・万葉
日本書紀完成・藤原不比等没後
1300年記念イヤー
オープニングイベント

2020年1/13(月・祝)
 開場12時 開演13時 終演16時30分

奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~
 能楽ホール


2020年は、我が国初めての勅撰正史である『日本書紀』が完成されて1300年を迎える記念年となります。また、平城京遷都をはじめ古代の奈良に大いなる足跡を残した藤原不比等の没後1300年とも重なります。日本のはじまりの地である奈良県では、2012年より推進してきた記紀・万葉プロジェクトの集大成として、『日本書紀』を中心とする記紀・万葉の魅力を伝えるとともに藤原不比等の事績を顕彰する1年間として参ります。当オープニングイベントは、その幕開けとして、研究の第一人者をお招き致しました。1300年の時を超えた、古代の潮流をぜひ感じてください。


申し込み方法

FAX詳細ページにてご確認ください。
はがき詳細ページにてご確認ください。
WEB申し込みフォームはこちら

申し込み受付 : 入場無料、要事前申込
12/10(火)締切

定員 : 500人/抽選


プログラム

【公開揮毫】
 木下真理子(書家)

【基調講演】
 「日本書紀と藤原不比等」 
  講師:舘野和己(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)


【パネルディスカッション】
 「記紀・万葉から読み解く人々の営み」
  ●パネリスト
   舘野和己(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)
   村田右富実(関西大学文学部教授)
   アンダソヴァ・マラル(国際日本文化研究センター海外研究員)
   紺野美沙子(女優)
  ●モデレーター
   関口和哉(読売新聞大阪本社編集委員)


【特別公演】
 能「海士」より 
   天野文雄 監修(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター所長)
  片山九郎右衛門(能楽シテ方観世流)

     


詳細はこちら
このイベントを「シェア」