平清盛公生誕900年記念シンポジウム
嚴島神社と日本文化の源流

2018年3月27日(火) 開場 13時00分 開演 13時30分

はつかいち文化ホールさくらぴあ 小ホール


必須事項

①代表者氏名 ②郵便番号・住所 ③電話番号 ④希望人数(4名まで)を明記し、往復はがきでお申し込み下さい。
※おひとり様1通のお申し込みのみ有効となります。

はがき〒739-0505
広島県廿日市市宮島町1162-18 (一社)宮島観光協会 宛

※必ず往復はがきでお申し込み下さい

1996年に世界文化遺産に登録されて以来、日本人観光客のみならず外国人観光客も多く訪れている嚴島神社。海上に建てられた社殿と背景の山容が一体となった景観は日本人独特の精神文化を表した宗教的空間であり、また、平清盛による「平家納経」をはじめ数多くの貴重な美術工芸品が奉納されるなど日本の文化、日本人の精神性に大きな影響を与えてきました。 このシンポジウムでは、そのような嚴島神社の信仰と歴史を考えながら日本文化との関わりを探ります。

出演者

中西 進(国文学者)

福田 道憲(嚴島神社禰宜)

秋山 伸隆(県立広島大学教授)

柴田 英杞(文化庁文化審議会文化政策部会委員)

詳細はこちら
このイベントを「シェア」