(日本語) 平城京復原の軌跡─古代瓦に学ぶ

(日本語) 令和元年9/15(日)

(日本語) 奈良公園バスターミナルレクチャーホール


江戸時代に前橋の基礎を築いた4つの大名家である、酒井雅楽頭家・松平大和守家・秋元越中守家・牧野駿河守家の「前橋四公」。その功績や市内に残るゆかりの名所をPRし、これからのまちづくりに活用するため「前橋四公祭」を開催します。 10月5日当日は、オリジナルストーリーによる創作劇や、他分野の目線からの講演会など、誰もが楽しみながら前橋の歴史を学べるプログラムを多数実施。物販・飲食ブース「四公茶屋」では、午前11時から無料で抹茶を提供します。 さらに、9月28日から11月10日を「前橋四公月間」に設定。四公スタンプラリーや前橋歴史観光ガイド、四公御廟所六寺社バスツアーなど、実際にゆかりの名所を巡ることができる関連イベントを開催します。


How to apply

FAX(日本語) 詳細ページにてご確認ください。
Postcard(日本語) 詳細ページにてご確認ください。
WEBApplication Form

定員 : (日本語) 300人/先着順


(日本語) 平城京復原の軌跡─古代瓦に学ぶ

(日本語)  プログラム 

(日本語) 【第一部】古代瓦についての講演会
      「目指すは1000年もつ瓦」
       【講師】藪中五百樹(元興福寺境内管理室長)

(日本語) 【第二部】山本清一氏を語る会
       進行役:鈴木嘉吉(元奈良国立文化財研究所長)
       参加者:法隆寺、興福寺、東大寺、唐招提寺

View Detail

(日本語) 山本清一作品展

(日本語)  奈良公園バスターミナル東棟1階展示室 

(日本語) 令和元年9月15日(日)~9月23日(月・祝) ※入場無料

(日本語) 平城京を代表とする寺院等で使われている山本氏の作品の実物を展示。東大寺大仏殿、薬師寺伽藍、唐招提寺金堂、平城京大極殿、興福寺中金堂を修理・復原する際に、実際に葺かれた瓦と同時に制作された作品を各寺院等ごとに展示します。

View Detail
"Share" this event