(日本語) “常在戦場の武将”牧野康成公薨去(こうきょ)410年
第4回大胡城牧野氏まつり


(日本語) 大胡城演武絵巻   

(日本語) 前橋市在住の女優・手島実優さんの朗読と忍者や鉄砲隊の演武で牧野氏の歴史を色鮮やかに紹介します。

(日本語) 2019年7月27日(土)
15時~16時30分 

(日本語) 大胡城址


Performer

(日本語) 朗読:手島実優

(日本語)

手島実優

1997年生まれ・前橋市在住。地元前橋で開催されたワークショップをきっかけに、10歳から芝居を始める。中学進学と同時に地元のアマチュア劇団に入団し、舞台に出演。フリーランスで映画、CM,PVなどに出演し、地元群馬から活動を広げている。

映画は「カランコエの花」(2016年)、「赤色彗星俱楽部」ヒロイン役(2016年)ほか、舞台は前橋文学館リーディングシアター「夜汽車の人」朔太郎の妹役(2017年)「青森県のせむし男」女浪曲師役(2018年)、隆善舞台プロデュース「寿歌」キョウコ役ほか。

(日本語) 演武:伊賀忍者集団靁凮刄

(日本語)

靁凮刄

伊賀忍者の忍術と現代の実践的戦闘術をMIXさせた“次世代の忍者集団”伝説のアクション俳優「TAK∴ 坂口拓」の最新プロジェクト。伊賀で絶大なる人気を誇る浮田半蔵氏率いる伊賀忍者特殊部隊「阿修羅」と、忍者の優れた技術と精神を現代に受け継ぐ集団として新たなる形で生まれた兄弟チーム「靁凮刄」。三重県伊賀に君臨する本家「伊賀忍者阿修羅」は本物の武器を駆使して繰り広げる、迫力満点のパフォーマンスは国内のみならず海外でも高い評価を得ています。

本家「伊賀忍者阿修羅」と浮田半蔵氏とのコラボレーションから生まれた忍者集団 「靁凮刄」は、伊賀忍者の忍術と現代の実践的戦闘術を融合させ、忍術と現代の実践的戦闘術をMIXさせた次世代の忍者集団です。鎌倉時代から伝承される本物の忍具を使った忍術はもちろんのこと、アクロバティックな人間の身体操作を駆使して戦う戦闘術を得意としており、子供から大人まで目的や舞台に合わせたショーやイベントの企画を行っています。

(日本語) 演武:栃尾衆鉄砲隊

(日本語)

栃尾衆鉄炮隊(新潟県古式炮術研究会)

長岡藩と栃尾衆鉄炮隊の結び付きは、牧野氏が長岡藩主として着任した事に依り復権したと思われる。栃尾衆鉄炮隊は上杉謙信公(長尾景虎)時代に栃尾城主であった本庄清七郎秀綱の家臣佐々木三郎左衛門が永禄三年(1560年桶狭間の合戦の時代)に賢抷流(けんぴりゅう)道元九郎右衛門春吉より免許皆伝を得て活動を始める。時を経て天正六年(1578年)謙信公が49才で病没した為に後継者争い「御館の乱」が上杉景勝、上杉景虎の間に起こり、景虎が敗れ自刃する。その結果、景虎軍の主将本庄清七郎秀綱は会津若松へ逃避する。残された鉄砲衆は後難を恐れ、氏素姓を改え、土着して農民化した。その後、牧野氏の代になり、復帰し賢抷流(けんぴりゅう)鈴木九衛門政堯、内田家内田甚弥、池田家池田彦四郎と伝承された。後年長岡藩は江戸末期の戊申戦争により灰燼(かいじん)に帰し多数の資料を焼失した。当地長岡では、歴史的実事として戦国時代、江戸時代を中心とした各武将の偉業を一般諸氏に認知してもらう為、「米百表まつり」や「謙信武者行列」を実施している。


Access

google MAP

(日本語) 大胡城址
〒(日本語) 371-0224
(日本語) 群馬県前橋市河原浜町600−1


Links

(日本語) 手島実優オフィシャルサイト
(日本語) 伊賀忍者集団靁凮刄

Contact

(日本語) 株式会社エス・エー・ピー ☎ (日本語) 03-6912-0945 ((日本語) 平日10時~18時)
(日本語) 大胡城・牧野氏まつり実行委員会事務局 ☎ (日本語) 027-898-6992 ((日本語) 平日8時30分~17時)
"Share" this event