2008.2.8

SAPの仕事(その2)

有川雄二郎

 

前回に引き続き、今回はSAPの下請けイベントの仕事の概要のお話を申し上げます。
下請けというからには、そもそも施主(主催者・スポンサー)がいるわけでして、それは自治体や官庁(万博、地方博や公共キャンペーンイベント)だったり、企業(新商品プロモート、周年行事、インセンティブ・パーティーなど)だったりします。下請けですから、彼らが企画した仕事を、いわれたとおりにハイハイとやっていれば良いのです、儲かったり損したりは当方の知ったことではないのです。だから、一見、気楽なようですが、それがそうは行かないのです。私たちの上に、プロデューサーさまや代理店様がいらっしゃって、鬼のような顔をして、やれ、ああしろ、こうしろと、私たちを小突き回すからです。私たちは、プロデューサーさまや代理店さんの「しもべ」となって、顔色を見ながらヘコヘコとして仕事をしなければならないのです。

 

それでは、プロデューサーや代理店とはどういう存在でしょうか。
まず、プロデューサーですが、これは建築で言えば設計を担当する建築家の役割をいたします。自治体や企業、広告代理店など主催者から依頼され、イベントの全体の方向をしめし、大所高所から構想についてまとめます。プロデューサーで大事な役割は、ああだこうだ言う関係者に、「さすが」と思わせる卓見を示してを唸らせることです。卓見を示さなければ、プロデューサーとは言えないでしょう。
 思い出しましたが、小生も名刺の肩書きも「プロデューサー」です。これは深い意味もありません。ま、これがいいか、ということで、つけております。しかし、率直に申し上げて、私には、プロデューサーに要求される「卓見」はありません。昔から、一切ないのです。だから私が「プロデューサー」と称することは偽装であり、詐称と言えます。こういうことは食品業界なら大変なことで業界から追放もされるのでしょうが、イベント業界はいい加減なところで、お上からも見放されており、何の業法もなく、規制も行政指導もありません。だから、言い得ということもあって、イベント業界は偽装「プロデューサー」がいっぱい居ます。困ったことです。
 偽でなく、本当のプロデューサーにはいろいろクラスがあります。万博プロデューサーのような、国を相手にする地位も名誉もある方もおりますが、県や市町村など自治体を得意とする人もあり、大手代理店にべったりの人もあります(この場合は、プランナーとか呼ばれる場合が多い。代理店にもプロデューサーがいて、下請けのくせにプロデューサーとは生意気な、と叱られるからです)。繰り返しますが、プロデューサーは、何に付け卓見を述べなくてはなりません。というよりも、卓見だけが仕事といえます。
 ただ誤解がないように申しますが、卓見が役に立つ、ということもないのです。大体のプロデューサーの話というのは、およそ誰の役にも立たない世のトレンドがどうのこうのとか、マーケットの将来とかいうやつで、プロデューサーに言わせると、役に立たないことだからこそ、際限も無く長くしゃべることができるのだ、ということです。また、他人の説の聞きかじりを自分が言い始めたように言いはじめたように言う剽窃や、「あそこの企業もね、私が見てあげてずいぶんと良くなった」と、本当はどこかのバーで営業部長と名刺を交換し、自分の売り込みを5分くらい話しただけの関係なのだけど、丸きりの作り話ををすることにいといません。
 プロデューサーはあらかじめ関係者の意見を調整しますが、弱い関係者の意見は無視し、強いものの意見をよく聞いて、特にスポンサーと代理店の意見を聞いて、これを自分の意見として発表します。事前の調整がうまくいかなくて、会議の席で、スポンサーから反対される時もまれにはあります。そんなときでも、大プロデューサーは決して怒らず、反抗もせず、「それでいいのです、僕は他の観点から分析しましたが、実は同じことを言っているのです」と無理やり同一意見にしてしまいます。

 

 企画には感性が大事です、いかに主催者の話とは言え、自分の感性はまげません、と感性を売り物にするプロデューサーもよくおります。ただ、感性といってもあまり個性的なことを言うと仕事にありつけない、ということもあり、プロデューサーは、平凡な常識人が多いのです。だから感性といっても、イベントのキャンペーン嬢の品定めぐらいで、「あの子はいいものもってるよ」と憎からず思う子の名をあげ、白昼けしからぬことを考え、他のスタッフが手を出さないように何につけ名前を連呼して牽制したりするくらいです。また、談合に使う料亭や、根回しに使う居酒屋で、お銚子を前に、さっさと飲めばいいものを、「俺は酒にはうるさいんだから」と称して、長々と酒の薀蓄を傾け、それも半分はでまかせ、こだわりの感性のといってもそのぐらいなのです。
 それから、プロデューサーはヒマを見つけてはの「談合」と「根回し」をよくします。代理店やスポンサー、下請けなんかと利害の調整をするのもプロデューサーの大事な仕事です。もちろん、利害を調整するときには、自分の分もさりげなく残しておくのです。が、うまくいかないときもあります。そんなときは、あとから「俺はあのイベントで大損をしたよ。いいように使われちゃってさ、どうもお人よしなんだなー、俺はさ」などと君子風に装います。君子にしては、愚痴がなかなか終わらないのですが。ここで問題です。「根回し」と「談合」、その違いはどこにあるのでしょうか。答え、「談合」は料亭で、「根回し」は居酒屋で行います。いずれにしろ、SAPは呼ばれないのです。
 卓見をしめした上に談合・根回しで、プロデューサーはすっかり疲れ果ててしまいます。

 

 イベント業界、その次には、代理店といわれる大物が関与してきます。プロデューサーが示したその卓見にしたがって、イベント全体の実施の仕切りをするところです。ま、ゼネコンのようなところです。イベントの予算、すなわちお金を握ってますから、代理店に反抗するといいことはありません。私は、それがつくづく分かりましたから、いつも代理店様には笑顔で大きな声で、挨拶をしています。
 代理店さまのの仕事は2つあります。一つめは、クレーム処理です。クレームとはもちろん  スポンサー様からのもので、スポンサー様は、たとえ前に了解をとってあったことでも、「好きなときに」「何についても」「どんな役職でも」、スポンサーならクレームを言う権利を持っているのです。担当者でない人も文句を言っていいのです。スポンサーなら、受付の女の子でも、文句がいえるのです。それにクレーム内容も多彩です。たとえば「あの出演者は気に入らないと社長が言っていた」、「社長は満足してたけど社長夫人が悪く言っていた」、「予想より客が少ない」、「予想より客が多すぎる」、「文句を言う客がいた」、「文句すら言わない客がいた」、「メディアが取り上げない」、「取り上げてもわが社の紹介が少ない」、「コンパニオンとの合コン、どうなってる?」「こないだの合コンの時、受付の子、君の会社の若造とばかり話してたぞ、ちゃんと俺を紹介してよね」など、など、つまりクレームというよりは、言いがかりで、いずれにせよ、愚にもつかないものなのです。
 そんなクレームはほったらかしにすればいいのですが、代理店は責任感は旺盛ですから、あくまで原因を究明してやみません。原因を究明をして、代理店はスポンサーに申し開きをするのです。
 代理店の、申し開きの骨子は、「私は知らなかった」ということにつきます。自分が知らないこと、これは仕方ありません、つまり無罪ですよね。そこで代理店の言い訳の主文は、常に「私は知らなかった」という無罪確定からはじめます。それで終わってもいいのですが、良心的な代理店は、、トラブルの原因を懸命に究明しなければなりません。そして究明された新の原因を、客観的に、冷静にスポンサーに説明します。「客観的に」、というところと、「冷静に」という点が大事です。自分が悪くないのだから、当然、落ち着いてられるのです。慌てちゃいけません。慌てると疑われます。
 冷静に分析してみると、不思議なことにどんなトラブルでも、要因は次の3つにつきます。
 A「下請けのSAPが悪い」、「派遣の女の子が馬鹿で」と弱い者に責任がある
 B「メールを見てない」、「最近パソコンの調子が悪い」、「携帯を風呂に落としちゃったので、電話聞いてなかった」と物言わぬ機械が悪い
 C「結局サブプライムに行き着くんですね、原因は」、「温暖化の影響がこんなところにも出てきました、びっくりしました」とか、「福田が悪い、この内閣支持率じゃね、なさけないでしょ」、「遠因は、朝青龍にありまして」、と不可抗力、または滅茶苦茶なところに原因があった。
 もっとも、これは小物の代理店の担当クラスのやることで、可愛いものだとも言えます。部長、局長クラスの大物となると、そんな言い訳などしません。クレームを受けて「ほーっ」と大きく息を吐いて、それだけでおしまいです。周りの人間は、何か解決策が出るのかなーと、見守っていると、「ま、ま」と自分の肩をたたいて過ぎ去り、そのうち解決案が示されるだろうと思って居てもそれきりで何も無いのです。このように深呼吸をだけでスポンサーを誤魔化す域に達すれば、大物で役員まじかといえるでしょう。また、人によっては「そう、困ったねー」とニコニコして、やはりあとは何もないということで済ます人います。ともかく、本気で解決しない、という姿勢が大事です。
 代理店のもう一つの仕事は、下請けを値切ることです。とは言え、最初から安い値段を言うと、誰も受け手はいませんから、初めはうまいことを言って、抜き差しならなくてから、「スポンサーが全体予算を減らしてきた」(これはうそ)、「思いのほかに告知費がかさんだ」(これもうそ)、「今度の時に、必ず上乗せするから」(現在のみならず未来のことまで嘘を言い立てる、神を恐れぬ大うそ)、などと言い立て、半額に減らします。もちろん、「他の下請けに出しちゃうよ」などと、脅しもします。
 言い訳と値切り、どちらも大変な仕事です。代理店はすっかり疲れてしまい、後は何もしません。
そんなプロデューサーと代理店の顔色を伺い、それで仕事もするのですから、SAPの下請けの仕事も楽ではないのです。