2008.9.11

課長会

有川雄二郎

 

自民党の総裁選が始まる。
そこで心配なことがあって、それは候補者のキャラクターについて、である。
それぞれ個性はあるにしろ、みな、いい人なのだ。常識をわきまえているようだ。そこが心配なのだ。
私が思うに、総理大臣と言うのは、1億人のトップに立つ人である。そして、官僚や国民を、自分の思うように動かさなければならない。そんなことができるのは、相当な変人であると思う。支持率が一ケタになっても、それはマスコミが悪いからだと新聞のせいにし、スキャンダルかあってもそれは男の勲章だ、どんなことが起ころうとも見苦しく地位にしがみついて、首相の座を捨てない。権力に固執し続ける、ような人格でないと首相には向かないと思う。そんな人と身近で接する人は、きっと大変だと思うが、国民は接するわけではないからかまわないのだ。変人、といわれた小泉さん、顔面神経痛になって顔がゆがんでしまっても首相を続けた田中角栄さん、記者会見で嫌いな新聞記者を追い出した佐藤栄作、野党の質問者に「馬鹿やろー」と罵言を呈した吉田茂、こんな強烈な人たちでないと大勢の官僚や代議士、財界人などを動かせないと思う。

 

今回の自民党の候補者は、いい人ではあるが、どこにでもいそうな「普通の人」たちである。企業で言えば、課長さんなんかにいそうなキャラクターですね。
経理課長の与謝野さん、営業課長の麻生さん、宣伝課長の小池さん、秘書室長の石原さん、製造課長の石破さん、資料室長の棚橋さん、広報係長の山本(一)さん。みんないい人です。でも、この人たちで会社更生法の日本を、再建できるのですか。