2010.8.24

残暑見舞い

有川雄二郎

 

 街に出れば炎暑地獄の日々、初老の身に外回り、とぼとぼと歩いていくと、道全体がナチのガス室ならぬ高熱空気室となり、道端の自販機のお茶だけが頼りで、がぶがぶと何杯も飲んでも、摂取した水分はただちに体表から蒸発をしてしまうせいか不思議にお手洗いによらずに済み、奇妙なことよと驚き、すぐに、そんな発見に何か意味があるのかと自らを責め、こんなことしか頭に浮かばぬのも老いのせいかとため息、熱暑というものは兎角、人を自虐的にさせることが分かりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 しかしながら詮ずる所、男子と生まれ、人生いたるところに地獄あり、家にいれば私信開封・携帯検閲・同衾強要・罵倒絶叫の古強妻の「畜生しつこ地獄」あり、会社にいけば、仕事全忘・生意気不遜の社員の「阿鼻ばか地獄」。取引先を訪れれば、お世辞強要・恩着せ千回・処罰値引きなど客の「無限えばり地獄」、目上のじいさんを表敬すれば「自慢」・「繰り返し」・「説教」の老呆三大地獄のそろい踏み。地下鉄の若い女性客からは「あてつけ席移動地獄」さらに「痴情睨めつけ冤罪地獄」などなどきりがなく地獄を見せつけられ、大体、炎暑地獄を歩いているうちにも、「行き先通りすぎ地獄」、「曲がり角一本間違い地獄」、「犬の糞踏付け地獄」、「アポ時間接近・炎暑駆け足地獄」、「訪問相手氏名並びに役職忘れ地獄」、「用件忘れ地獄」など大地獄の中にまた小地獄があるという、地獄の二重構造となり、二重構造というものは地獄に限らず、保温ジャー、下請け、ナプキン、民主党内権力など、とかく暑苦しくできており、まとわりついてなかなか逃れられないものですが、ここで大悟徹底をしてみれば、地獄は炎暑にあらず、妻にあらず、我と我が身こそが地獄であって、地獄が影のように我を慕って離れない、これはすなわち空即是色、色心不二の理で、吾即地獄・地獄不異吾なり、と炎暑が開く我が一生の総括でありました。これからもしばらくは、別府の温泉・地獄めぐりのように、世間地獄めぐりの残余人生を送る次第であります。