2010.7.31

平凡な引っ越し

暑中お見舞い申し上げます
身も心も汗にまみれてあてもなく歩き回り、次第に目も座ってきて、もうどうなってもいいやと、何かしら覚悟のようなものが醸成され、(菅さんも歩きまわるがいい)春の頃の我が身がふやけて見えるところが夏の功徳なのでしょうか。つきましては、私ども、事務所を移転することになりました。

 

新住所:東京都千代田区三番町28-5-101
電話:03-5226-7830 FAX03-5226-7838従前通り

 

移るわけを言うと、ビルの大家の息子が来て、「来月から家賃を上げる。安すぎた」と述べ、この息子は若いくせに分別臭く、世間の道を説いたりして日ごろから気に食わないので、「事実として、私は安いことは熟知している。なぜなら、安いところを探しぬいてこのビルを選んだのは私自身であるから。その美点が失われると、汚いという属性のみが残ることになるが如何に?」と問うたが、彼はこの反撃に目を大きく開きあわて、答えようとせず、しかし関係は一層悪くなり、結局、出ていくことになりました。こんな事は人生上よくあることで、平凡な引越しといえましょう。

敬具