2012.8.9

あいまいな面接

有川雄二郎

 

 前回言ったように、来る日も来る日も、面接を続けている。
 応募者の中には、会社に電話をかけてきて、「社長のブログを読んだのですけど、若い人は嫌いだ、ということなので、社長以外との面接を希望します」と、逆指名の女性もいた。もちろん、私のブログを読んでもらって嬉しかったということもあって、幹部社員に面接をしてもらった。後で様子を聞いたら、果たして若い人の部類に入るかというと、それは軽々しく判定はできないとのこと、面接の難しさを知った。
 最近では、無理に質問をするのも面倒になってきて、当方より、「何か小社に質問はありますか」と相手に振って、時間つなぎというか、こちらも楽をしようというケースも増えてきて、中には鋭い質問もあり、
「仕事をしていて、一番苦しいことはなんですか?」と聞かれた。それは、私にとって苦しいことか、それとも社員にとってか、と尋ねると、「両方、知りたい」とのこと、「まあ、私にとっては、金がない、仕事がない、電話もない、というないないづくしかなあ」、「そうでしょう、そうでしょう。では社員の皆様にとって苦しいことは?」、「社長が私ということかなー。『仕事は好きだけど、社長が嫌で。どうするか迷っている』という社員が結構いる」、「そういう率直な態度は好感が持てますね。しかし、反省もしなくてはね」などと、説教をされたりして、何のためにしているか、面接の目的があいまいになってくる。
 それでも、この夏、面接の鬼となって、明日もどんな人に会えるか、楽しみといえるのだ。