第32回国民文化祭・なら2017  第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会  平成29年度奈良県大芸術祭
フォーラム・NARA

 


forum_nara_main

 

各回の詳細・お申込みについては下記をご確認ください

 

 

 


forum_nara_01
              「日本文化の源流を探る」~日本文化の源流を国際的つながりも視野に掘り起こす
                 2017年9月23日(土) 奈良県文化会館 国際ホール 開場 13:00 開演 14:00

 


                     フォーラム・NARA第1回は、奈良発祥とされる文化を通して日本文化の源流を探り、現在の日本における
                     芸能の第一線で活躍する演者と日本文化の識者を迎えて日本文化のはじまりと現在、そして未来に向けてを考えます。

 


                 トークセッションⅠ「はじまりの地・奈良~日本文化の源流」 亀井忠雄・古井戸秀夫
                     能楽囃子・葛野流大鼓方の人間国宝・亀井忠雄と日本文化芸能史に精通する古井戸秀夫が、日本文化のはじまりと発展について語ります。

 


                 トークセッションⅡ「源流から未来へ~日本文化のこれから」 市川九團次・上妻宏光・古井戸秀夫
                     歌舞伎俳優の市川九團次と津軽三味線奏者の上妻宏光を迎え、古典芸能の今と、未来に向けての可能性についてトークを繰り広げます。

 


                 スペシャルプログラム「日本の芸能~源流と未来」
                     フォーラムの締めくくりとして、亀井忠雄による鼓、市川九團次による歌舞伎舞踊、上妻宏光による津軽三味線をご覧いただきます。
                     今回限りの特別な舞台では、芸能の源流とも言える鼓の音色を堪能した後、歌舞伎舞踊と津軽三味線のコラボレーションで日本文化の
                     歴史と未来への可能性を体感してください。

 


 


                     ichikawa_kudanji
市川 九團次(歌舞伎俳優)

 


1998年大阪松竹座で坂東竹志郎を名乗り初舞台。
2014年市川海老蔵門下となり、市川道行を名乗る。
2015年1月四代目市川九團次を襲名。
2016年2月のUAE公演など、海外公演でも活躍している。
舞台『Honganji』にて平将門を勤める等、歌舞伎以外でも活躍中。

 


                     agatsuma_hiromitsu
上妻 宏光(津軽三味線奏者)

 

ジャンルを超えた国内外アーティストとのセッションは各方面から
注目を集め、世界30ヵ国以上で公演を行う。
2013年安倍内閣総理大臣主催の「TOKYO2020公式夕食会」、
「第5回アフリカ開発会議公式首脳晩餐会」では日本を代表して演奏を披露。
2014年津軽三味線奏者としては初めて、市川海老蔵の本公演に作曲、
演奏にて参加。新世代津軽三味線奏者の第一人者である。

 


                     

kamei_tadao

 

亀井 忠雄(能楽師)

 

能楽囃子・葛野流大鼓方。1941年生まれ。
父・亀井俊雄(人間国宝)及び川崎九淵、吉見嘉樹に師事。
1998年葛野流宗家預かりとなる。2002年重要無形文化財として
各個認定(人間国宝)をうける。2004年紫綬褒章、2012年春の叙勲において
旭日小綬章を受章。同年、葛野流家元を継承。
2016年1月、長男・広忠に葛野流家元を継承させる。

 


                     furuido_hideo
古井戸 秀夫(東京大学特任教授)

 

1951年東京生まれ。早稲田大学演劇科卒業。
同教授、東京大学文学部教授を経て、現在、東京大学特任教授。
演劇学・舞踊学を専攻。
主な著書に『歌舞伎―問いかけの文学』(ぺりかん社)、『歌舞伎入門』
(岩波ジュニア新書)など。
歌舞伎・日本舞踊の復活公演なども手掛ける。

 

 


                 参加無料・お申込みは締め切りました

 

 

 

forum_nara_02
              「文化の今を楽しむ」~積み重なった今ある日本文化の厚み、深みを堪能する
                 2017年10月15日(日) 春日大社 感謝・共生の館 開場 13:30 開演 14:30 ※19:00頃終了予定

 


                     クールジャパンを代表するコンテンツであるアニメの分野において今最も注目されている監督・片渕須直による講演と、
                     「この世界の片隅に」の特別解説・上映、春日大社での御本殿夜間特別参拝・献灯体験で、
                     最新の日本文化と古より受け継がれてきた日本文化を実感してください。

 


 


                     

katabuchi_sunao

 

片渕 須直(アニメーション映画監督)
1960年生まれ。T Vシリーズ『名犬ラッシー』で監督デビュー。
2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた
『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。口コミで評判が広がり、異例の
ロングラン上映とアンコール上映を達成した。
またNHKの復興支援ソング『花は咲く』のアニメ版(キャラクターデザイン:
こうの史代)の監督も務めている。
2016年、監督・脚本を務めた『この世界の片隅に』が公開された。

 


ksk

 

kasugataisha

 

 


                 参加無料・お申込みは締め切りました
                 ※「この世界の片隅に」上映はUDCast(音声ガイド)対応です。
                    必要な方はあらかじめご自身の携帯端末にアプリ(無料)をダウンロードしていただきご来場ください。
                    なお、UDCastによる音声ガイドを利用される方は当日イヤホンをご持参ください。
                    UDCastについて詳しくはこちらからご確認ください。
                    字幕については上映スクリーン上に表示されます。

 

 

 

forum_nara_03
              「障害のある人とない人の絆を強く」~文化の力で新たな関係をつくる
                 2017年11月5日(日) かしはら万葉ホール レセプションホール 開場 13:00 開演 14:00

 


                     障害のあるなしに関わらず、芸術文化活動を通して交流を深め、ひとりひとりが互いを認め合う「多様性と調和」をキーワードに、
                     聴覚障害を持ちながらダンスアーティスト・振付家としてロンドンを拠点に世界各国で活躍する南村千里をメインスピーカーに迎えた
                     トークセッションと、来場者にも参加してもらうワークショップで、新たな視点を生み出すことを目指します。

 


 


minamimura_chisato

 

南村 千里(ダンスアーティスト・振付家)
生後7ヶ月目に聴力を失い、きこえない世界へ。
女子美術大学日本画学士号習得。ロンドンのラバン校卒業後、
横浜国立大学大学院修士課程修了。
フリーランス・ダンスアーティストとしてロンドンを拠点にアジア、
アフリカ、欧米など20カ国40都市以上で活動する傍ら、英国手話による
芸術解説者として、テート美術館、大英博物館、ナショナルポートレイト
ギャラリー、ホワイトチャペルギャラリーなどで活動する。

 

 


                 参加無料・お申込みは9月1日受付開始/10月27日締切(先着順・定員に達し次第締切日前でも受付を終了します)

お申込みフォーム

 

 

 

 

forum_nara_04
              「文化芸術立国の礎を築く」~文化の交流で地域に元気をつくる
                 2017年11月18日(土) 大神神社 大礼記念館2階大広間 開場 13:00 開演 14:00

 


                     日本最古の神社とされている大神神社は、三輪山を御神体とし、山を拝するという原初の神祀りの様を今に伝えています。
                     まさに、はじまりの地と言えるこの大神神社を会場に、日本を代表する演出家・宮本亜門と世界を舞台に活躍する
       アーティスト・高谷史郎(奈良県出身)が、「日本文化はじまりの地・奈良」の未来をどのように演出すればよいかを語ります。

 


 


miyamoto_amon

 

宮本 亜門(演出家)

 

1958年東京都生まれ。
ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。
2016年10月、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会などに
向けた「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の文化イベント
公式プログラムを演出。近年は『ニッポンを演出する』と掲げ、
日本を世界へ発信する作品を様々手がけている。

 


                                    takatanishiro
高谷 史郎(アーティスト)

 

1963年奈良県生まれ。
様々なメディアを用いたパフォーマンスやインスタレーション作品の
制作に携わり、世界各地の劇場や美術館、アートセンターで
公演/展示を行う。また、坂本龍一や野村萬斎、樂吉左衞門らとの
コラボレーションも多数。
平成26年度 芸術選奨メディア芸術部門 文部科学大臣賞受賞。


 


oomiwajinja

 


                 参加無料・お申込みは締め切りました

 

 

 

                 インターネット以外でのお申込み方法
                 必要事項①参加希望回②代表者氏名③年齢④郵便番号・住所⑤電話番号・FAX番号⑥希望人数(1回につき2名まで)
                 ⑦特に配慮が必要な事項(車椅子・手話通訳・点字資料等)を明記の上、下記いずれかの方法でお申込みください。
                 (⑦はご記入いただいたすべてに対応できるとは限りません)

 


                 ・はがき ※各回受付開始日の消印より有効(消印が受付開始日以前の場合は無効)
                    〒112−0012 東京都文京区大塚5−3−13 ユニゾ小石川アーバンビル8階(株)SAP内
                    フォーラム・NARA事務局 宛

 


                 ・FAX ※各回受付開始日の0時より受付
                    03−6902−9996 フォーラム・NARA事務局 宛

 

 

                 各回共通注意事項
                 ・受付開始日前の応募は無効とさせていただきます。
                 ・各回とも定員に達し次第締切日前でも受付を終了します。
                  定員に達した回については随時当ホームページに掲載いたします。
                 ・お申込方法に関わらず、入場証はすべて郵便はがきにてお送りします。なお、参加の可否は入場証の発送をもって
                  かえさせていただきます。受付終了後のお申込みには返信いたしませんのでご了承ください

 

 


              お問い合わせ:フォーラム・NARA事務局(株式会社SAP内) 03-6912-0945(平日10:00~18:00)

 

sekaiisan

nihongakusho

DENTO-HOUSE

イベントスタッフ募集